40代から始める大人のアフィリエイト
menu
アフィリエイトで自宅に居ながら給料を超える方法
WordPressテーマ「CUBEY (tcd023)」

あなたは飼い犬?それとも野良?今後3年で活躍できる人の働き方

企業で働く人の長時間労働が社会的な問題になるなど、長時間労働を是正する取り組みが進む一方で、非正規で雇用される人が多数を占める時代となり、雇用環境は年々厳しさを増しています。そんな時代でも仕事を失わず、安定して仕事にありつける人はどのような人なのか。今後3年で活躍できる人の働き方は飼い犬的思考か?それとも野良犬的思考か?

←渡邊はいま何位?


【目次】
  1. サラリーマンを続ける限り時間的自由は得られない!
  2. 行き過ぎた権利主張は日本を社会主義へ向かわせる!
  3. 非正規こそこれからの一般的な働き方
  4. エサの苦労がない飼い犬と自由に生きられる野良犬
  5. 記事のまとめ

サラリーマンを続ける限り時間的自由は得られない!

大手広告代理店「電通」に勤めていた女性社員が、長時間労働によって精神的に追い込まれ、自ら命を絶った事件が表面化して以降、長時間労働に対する問題が大きく報じられるようになりました。マスコミは利害関係(スポンサー関係)がなく、世間の注目度が高い有名な大企業ばかりをことさら取り上げますが、むしろ大企業より更に労働環境が厳しい中小零細企業の現実を伝えるべきでしょう。

例えば私が以前勤めていたような製造業の中小企業は、大企業を頂点としたピラミッド構造の中に収まることで、安定して仕事を得ています。一方で大企業が「ムダ取り」とか「効率化」を推し進めた結果、ジャストインタイムでの納品を取引先へ強く求めるようになり、またタイトな納品スケジュールを守ることが取引を続ける条件のひとつになっています。そのため中小の下請け企業は、納品スケジュールを守ることに懸命となり、そのことが現場で働く一般従業員の長時間労働という形でしわ寄せが及んでいる実態を報じるマスコミはありません。

下請けを奴隷化する大企業の労働環境改善

私は前職で製造業の企業に勤め、部品の手配や在庫管理を行う部署で働いていました。製品の生産スケジュールに合わせながらも、天候や交通事情などによる納品遅れを見越し、納期に多少余裕をもたせて部品の手配を行うのですが、それでも時には納期遅れが生じることがあります。特に生産予定の前日に納品となると、どんなに夜遅くなっても便の到着を待たなければなりません。納品後に受け入れチェックを行い、そこから翌日の生産準備を行えば、会社を出るのが夜の12時を過ぎることもありました。ただしこれは社内的な都合であり、後工程である生産現場に迷惑を掛けてはいけないので仕方がない思いもありました。

しかしそれ以上に過酷なのが生産現場でした。お客さんから届く支給部品が製品の納品予定の前日夕方であっても、翌日の納品を遅らせてもらえるわけではないので、そこから徹夜の作業が始まります。そうなると昼間働いたあと、そのまま徹夜で仕事をするわけなので、連続労働時間は24時間を超えます。徹夜してでも製品を作って、指定された時刻に便が到着するように間に合わせなければならないのです。下請け企業で奴隷のように働く人の犠牲があって、大企業で働く人の労働環境が改善され、業務の効率化が進んでいるわけです。そのしわ寄せを下請け企業が被っています。これが世の中の現実であり、様々な中小下請け企業を守る法律など全く無意味な存在です。

形だけで意味がない36協定

「36協定」(さぶろくきょうてい)とは、労働基準法36条に基づく労使間の協定で、会社が法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超える時間外労働を命じる場合に必要となる労使間協定ですが、例外も認められており、むしろその例外が企業ではデフォルト化されているので、形だけのザル法と言ってよいでしょう。前職でも毎日4~5時間の残業が常態化しており、一ヶ月100時間を超える時間外労働がむしろ日常の光景でした。

ではこのような状況が改善するかと言ったら、変わることはありません。現在のような資本主義のもとでは、お金を持っている人なり企業の力が強いので、それらの指示に従わなければお金を稼ぐことはできません。お金の前では法律は無力であり、法律を律儀に守っていたら企業も、そこで働く従業員もお金は稼げないし、そんな真実を分かっているから建前だけの法律が存在しているわけです。

このような構造の中で働き続ける限り、そこで働く人たちに時間の自由はありません。誰かの指示に従い、言われたことをこなす働き方を続けているだけでは、これからの時代、給料が増えることはないし、毎日夜遅くまで長時間拘束される環境が改善させることもありません。その世界に留まる限り、その世界の常識を受け入れ続けなければなりません。そんな現状から抜け出すには、自分の中の働き方に対する考え方や常識をまず変えることが、現実を変える唯一の方法であると言えます。

行き過ぎた権利主張は日本を社会主義へ向かわせる!

時代と共に働く環境が改善され、安心して働ける職場環境が整ってきました。例えば、今では男性でも育児休暇を取得できるので、子供が小さいうちはとても助けになる制度です。このような育児休暇を利用すると休暇中も給料は保証されるわけですが、休暇中でも給料をもらうことに見合った仕事の成果や、普段の仕事に対する姿勢、協力度、職場の人間関係に心がけないと、いくら制度や権利とはいえ職場に不平や不満が噴出する原因になります。

無遅刻無欠勤で有給休暇も使わずに、毎日真面目に働き、仕事の生産性も高く、大きな成果を上げている人であれば、育児休暇を利用しても職場の理解は得られるでしょう。しかし普段から休みが多く、仕事もミスが多く、正直あまり使えない人が、育児休暇を使って毎月給料を貰いながら長期間休むことになれば、理屈では理解しても感情的に納得できない人が現れても不思議ではありません。しかも生産性が低い人に限って権利を主張したり行使しようとします。平等という言葉のもと、あれもこれも保証していたら一生懸命働いている人々の中に、働いても働かなくても同じという意識が生まれてしまいます。行き過ぎた権利の主張や平等主義は社会主義的発想であり、それは働く意欲を削ぐことになりかねません。

困っている人に手を差し伸べる優しさは必要ですが、一方で真面目に一生懸命働いている働いている人が報われ、例え高額であっても仕事の成果や能力に見合った報酬を得られる仕組みも必要であると考えます。しかし育児休暇のような厚遇も、今後は一部の人に限られた権利となるでしょう。なぜならば、そのような厚遇は一般的に正社員だけに与えられる権利であり、今後非正規で働く人が増えると、制度は存在しても、企業内で働く人の中で実際に活用できる人が一部に限られる、形だけの制度になる可能性が高いからです。

非正規こそこれからの一般的な働き方

大学を卒業して、新卒として企業に入社すれば正社員として働くことができますが、一度でも転職するとその後、正社員として働ける可能性は極めて低くなります。日本の経済は成長が止まり、また消費者人口が減り、少子高齢化が進み、さらに人々の価値観が多様化したことで、商品が売れないうえに、商品やサービスの流行り廃りのサイクルがとても早くなっています。そのような成長が見込めない社会へ変化した現在、企業にとって正社員はリスクであり、コストであると言えます。

いまでは非正規雇用で働く人は全体の4割にものぼり、女性は半数以上が非正規雇用となっています。仕事を求めている人の多くは、正規での雇用を求めていますが、今後は正規が特別な雇用形態となり、非正規が一般的な働き方となります。いや、すでに始まっているにも関わらず、仕事を求めている人の多くはその現実に気が付いていないし、受け入れようとせず正規で働くことに固執しています。

正社員がリスクである以上、正規として働ける人は、一部の特に優秀な人に限られます。今後の働き方は、予め期限が決められた雇用だったり、能力が低いと判断されれば契約を打ち切れる雇用形態へと変わります。これからは雇用されるのではなく、企業との契約によって働くことになります。そのため働き口が一つだと、働ける期限があったり得られる収入も少なくなるので、一人で複数の仕事を持つことになります。本業、副業といった区分けがなくなり、日によって勤める会社が違ったり、一日の中で複数の企業の仕事をこなすダブルワークが一般的な働き方となります。

今後10年、仕事を失わず活躍できる人とは?

契約社員や派遣、パートやアルバイトなど雇用形態に関係なく、今後は「あるプロジェクトが終わるまで」とか「ある課題が解決されるまで」といった、働く期間が予め決まった働き方が一般的になります。また、雇用が流動化し、人が入れ替えやすくなれば、生産性やコミュニケーション能力が低い人は切られ、企業はより優秀な人材を集めようとします。それは工場で働く人も一緒です。ただ製品を組み立てられる人は、残念ですが企業にとって無価値であり、居てもらう理由がありません。改善力がある人や、人のマネジメントや調整能力に長けている人など、個人が持っている知識や能力を企業へ提供できる人が求められる人材であり、今後10年仕事を失わず活躍できる人であると言えます。企業が人を育てる時代は終わりました。

個人事業主の意識がない人に仕事はない。

あなたが勤めている会社でも、いずれ様々な分野のプロフェッショナルを求めるようになります。営業スキルが高い人。金融の知識がある人。税金の知識がある人。情報発信のスキルが高い人など、企業が人を育てる時代は終わり、プロフェッショナルな人材を雇い、集め、お金を積んで引き留めることになるでしょう。そのような働く環境では、言われたことだけやるサラリーマンマインドの人は仕事を失います。一方で、自ら仕事を生み出せる人だけが安定して働ける世の中になります。様々な課題を見つけ、問題を提起し、それを解決することによって給料ではなく報酬を得るという、自分の仕事は自分で作る個人事業主の意識を持った人だけが活躍できる社会が訪れます。これから10年で非正規で働くことが当たり前の世の中へ変わり、自分で稼ぐプロ意識を持った人だけが、安定して仕事を得ることができます。

エサの苦労がない飼い犬と自由に生きられる野良犬

もしあなたが正社員として働いていて、世の中の働く環境の変化に対して否定的だったり、これからも正社員として働けることに楽観視しているのであれば、できるだけ正社員として働き続けられるように努力することをお勧めします。一方で世の中の雇用環境や働き方の変化に危機意識を持ちつつ、これからも仕事を続け安定した収入を得たいのであれば、働き方に対する意識を変える必要があります。しかしそれはけっして悲観的になったり将来を心配することではありません。物事には裏と表があり、どちらを表(メリット)とするかは自らの捉え方次第です。

もし仮にいま非正規として働いていて、今の仕事に期限があるとします。その時に、継続して仕事を続けることができない。困った、どうしよう。と悲観的に捉えれば不安が募りますし、それが普通の感情だと思います。しかし見方を変えて、「やりたい仕事に次々とチャレンジできる環境にある」と考えれば、将来に可能性が広がります。毎朝、外が暗い時間に起きて、満員電車に揺られて会社へ通勤するのではなく、午前中は自宅で個人事業の仕事を行い、午後から契約している会社へ出勤するといった時間に縛られない働き方を目指してもいいし、週に3日だけ出勤して、残りの3日は自宅で個人事業の仕事を行うといった働き方も可能になるわけです。しかも世の中は副業やダブルワークを認める方向へ向かっており、複数の会社へ勤めたり、複数の仕事を抱えることは珍しいことではなくなります。

物事のリスクばかりを気にして、可能性を否定したり拒否することはとてももったいないことです。できない理由や、上手くいかない理由をあれこれ予想する時間と想像力があるのであれば、同じ時間と能力を使って、いかに実現させるかを考えた方が、明らかに将来は開けます。

飼い犬としてご主人様の言うことを聞いていれば、エサに不自由なく暮らせることができますが、首輪をされ、鎖に繋がれ自由を奪われます。一方、野良犬として生きれば、エサの苦労はありますが自分の意思で自由に生きられます。これまでは飼い犬に多くのメリットがありました。しかし、最近では自由がない上に、与えられるエサも限られています。いつまでも鎖につながれたままではなく、勇気をもって自ら鎖を外し自分でエサを探すチャレンジを試みないと、将来が開けず生き残れない社会がすでに始まっています。

世の中は急速に変化しています。その流れに乗るタイミングを見誤ると、一気に流れ下ってしまう環境に私たちはすでにいます。野良犬的発想で自ら主体的に働き、そして主体的に自分の人生を生きることが、自分を成長させ幸せな人生を手に入れる方法であると言えます。

飼い犬的生き方

記事のまとめ

  1. 長時間労働が常態化している環境で働き続ける限り、時間的自由は訪れない。
  2. 現実に働き方を変えるには、働き方に対する常識や価値観を改める。
  3. これからは非正規で働くことが常識となる。
  4. 本業や副業の区分けがなくなり、ダブルワークが一般的な働き方になる。
  5. 野良犬的発想で自ら主体的に働き、主体的に自分の人生を生きることが大切。
  6. 東芝、シャープ、サンヨー、ルネサス・・・会社に頼った人生ではダメ。
会社に雇われず起業した人の成功事例
自由な人生を手に入れる教科書
Amazon電子書籍ランキング
1位獲得!
おすすめ度

AmazonのKindle本ベストセラーランキング全30万タイトル中で1位を獲得!アフィリエイトで1億円以上の報酬を手にして、30歳でセミリタイヤした元皿洗いが伝える、自由な人生を手に入れた方法のすべて。

通常価格1,000円が期間限定で、今なら無料でダウンロード頂けます。さらにセミナー映像をダウンロード特典として無料でプレゼント!お早めに!

著者プロフィール

渡邊 大輔
サイト作成アドバイザー・アフィリエイター

渡邊大輔

 2001年より独学でHTML及びCSSを学び、ホームページの作成を始める。当初はホームページビルダー、DremWeaverなどのホームページ作成ソフトを使用していたが、より個性的で魅力あるサイト作成を目指すため、現在ではテキストエディタを使用してサイト作成を行う。当ブログ以外にも、趣味のクルマをテーマにしたサイトを2サイト運営中。
  会社員時代には、ホームページ作成技術をかわれ、勤務先のホームページ作成及び運営に携わる。「ホームページは年中無休の営業職」をモットーに、「自動的に集客できるホームページ」を目指し、サイトの改善を重ねた結果、全国各地、数多くの企業から問い合わせの獲得に成功する。
 2014年に独立。現在は、会社員時代に培ったインターネットを活用した集客ノウハウを生かして、 組織に属さない働き方を目指す個人に対し、従来からあるホームページ作成業の枠を超えて、「集客できるサイト」を目標にサイト作成及び、ビジネスコンサルとして活動中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

算数の計算を解くと投稿できます 【漢数字が出てきます】 *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめアフィリエイト教材

アンリミテッドアフィリエイトNEO

アンリミテッドアフィリエイトNEO
たった一人で1億2,000万円!の
アフィリエイト報酬を生み出した
No.1アフィリエイト教材!
おすすめ度

圧倒的な情報量と徹底的な解説!
アフィリエイトの王道教材!

たった一人で1億2,000万円ものアフィリエイト報酬を手にしたアフィリエイターを生み出した業界No.1アフィリエイト教材。新たな技術が生まれたり、SEO技術が変化しても、常に最新のノウハウがテキストに盛り込まれ、メンバーズページから最新版のテキストをいつでもダウンロードすることができます!アフィリエイトを志すのであれば必ず手に入れるべきノウハウ教材です。

扇動マーケティング

扇動マーケティング
コピーライティングを上回る
購入誘導術!その効果、
まさに悪用厳禁レベル!
おすすめ度

誰もが気付いていない商品の売り方を
長時間動画で徹底解説!

ブログやメルマガの記事を一生懸命書いてるのに商品が全く売れない・・・。それは、もしかしてコピーライティングのテクニックを駆使して、商品を売っていませんか?本来コピーライティングは、セールスの効果がとても弱いものです。だからトップアフィリエイターと呼ばれる人たちは、コピーライティングとは全く別のテクニックを駆使して商品を売っています。「あなたから買えてうれしい。」とまで言わせるその危険な稼ぎ方を、アフィリエイトで1億円以上稼いだ、トップアフィリエイターが解説します。

ディスカバリーアカデミー

ディスカバリーアカデミー
音声と分かりやすい解説動画で
じっくり基礎から学びたい方に
お勧めなアフィリエイト教材!
おすすめ度

一週間毎に課題を進める動画教材。
丁寧な動画解説が分かりやすい!

アンリミテッドアフィリエイト同様に、アフィリエイトで収益を上げるための、インターネットを活用した稼ぎの構造作りを学ぶための教材。アンリミテッドアフィリエイトがPFD教材に対して、ディスカバリーアカデミーは解説動画で学ぶ教材になっています。自宅のパソコンでじっくり学びたい方に適したアフィリエイト教材です。

アフィリエイトコンサル

無料メールマガジン

無料メールマガジン

これまで私が実践したアフィリエイトノウハウ全20項目を無料でお伝えします。

※いつでも配信停止することができます。
※ご登録頂いたアドレスが他へ渡ることはありません。

Tweet

会社に雇われず起業した人の成功事例
自由な人生を手に入れる教科書
Amazon電子書籍ランキング1位獲得!

AmazonのKindle本ベストセラーランキング全30万タイトル中で1位を獲得!アフィリエイトで1億円以上の報酬を手にして、30歳でセミリタイヤした元皿洗いが伝える、自由な人生を手に入れる教科書。

通常価格1,000円が期間限定で、今なら無料でダウンロード頂けます。さらにセミナー映像をダウンロード特典として無料でプレゼント!お早めに!